「1アクション3ゴール」の3つの利点とは

 

私の所属する日本キャッシュフローコーチ協会では、いくつかの考え方や価値観が共有されています。

その一つに「1アクション3ゴール」があります。

 

これが何かというと、何か1つのことをするときに種類の異なる複数のゴール設定をしておくという考え方です。

 

そして、これをすると、何がいいかというと、1つのことをするだけで、複数(たとえば3つなど)のゴールを達成できるということです。

 

さらに実践してみて気づいた利点が2つあります。

 

1つ目は、「仕方なくする」という受け身の姿勢がなくなるということです。行動の前には必ずゴール設定をするので、なんとなく、仕方なく、といった受け身の姿勢がなくなります。

 

いつも前向きな姿勢で物事に取り組めるようになります。

 

2つ目は、さまざまな角度から考える習慣が身につき、物事を多面的に見られるようになります。種類の異なる複数のゴール設定をするには、さまざまな角度から物事を考える必要があります。

 

必然的に複数の視点で、物事を捉える習慣が身につきます

 

「1アクション3ゴール」、ぜひ試してみてください。